ユーザーのニーズを把握したアプリ開発|高まるipadの性能

アプリ開発の注意点

白いスマートフォン

androidは世界的に人気のOSで、全世界で最もシェア率の多いスマホOSの1つです。そんなandroidでアプリを作ろうと思った場合は、開発するアプリの内容によって様々なことを想定しておかなければなりません。開発後は世界的に利用されることを目的とするのであれば、多国語の言語に対応させる必要があります。また、サーバー管理するアプリであれば、同時接続人数が多い場合はサーバーダウンしないか、ダウンした場合にはどのように対処するかということも考慮する必要があります。このようにアプリを開発する場合は、開発をするだけが全てではなくリリース後の事も考えておくことが必要なのです。

androidはOSのコードネームが特徴的で、なんと全てお菓子の名前がついているのです。またそれは、OSのバージョンアップごとに名称を変更しています。アルファベット順にその名称は考えられており、「A」から始まって今では「N」まできています。その名前は新しいOSの登場が決まる度に募集をしていて、個人での投稿も可能です。しかし、その名前をつける際は本気で取り組み、名付け専門会社と一緒に決めているそうです。次回の「O」はどういったものが発表されるのか期待が高まります。

世界的にシェア率の高いサーチエンジンを開発元であるGoogle社が開発したOS「android」は、独自の遠隔監視機能やルート化検知機能を実装することによって他社の差別化を図っています。遠隔監視機能は、独自のPUSH方式によってインターネットを接続することができるとこであれば、どこからでも端末の操作をすることができ、いざという場合でも機能を停止することができます。ルート化検知機能では、端末にネットを通じて不正アクセスがされた場合に検知する機能です。広まるネット社会によって、不正なデータ取得などの注意も必要となっています。日々、どれだけセキュリティ面が万全であるかによってそういった流出を未然に防ぐこともできます。それはアプリ開発に至っても同様であり、SNSなどのようなアプリは個人情報も大量に取扱うため、個人情報漏洩には細心の注意を払うことが必要です。そういった管理体制も、制作会社にアプリ開発の依頼をすることで行なってくれます。